プロフィール

Author:中坊進二
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中坊進二の京都のおすすめスポットは地蔵院です

中坊進二は東海地方に住んでいますので、日帰りで気軽に旅行できる場所として、よく京都を訪れています。
京都は古き良き日本の風景が多く残っており、たいへんお気に入りの場所でもあります。
特に地蔵院は、行って良かったと思えた穴場のおすすめスポットです。
知名度は高いですが、意外と訪れたことがあるという方が少ない場所でもありますので、ぜひ地蔵院の良さを知って頂きたいです。
地蔵院は別名で「竹の寺」とも言われており、その別名の通り境内にはたくさんの竹が存在感をはなっています。
竹林によって境内はしっとりとした涼しさを感じることができ、まるで別世界に足を踏み入れたような不思議な感覚を味わうことができます。
竹と竹の隙間からは日の光が通り、薄暗い竹林に一筋の光の線がまぶしく輝き幻想的な雰囲気です。
紅葉が綺麗ですので、より一層地蔵院の魅力を感じることができる秋に足を運んで頂くことを、特に中坊進二はおすすめします。
普段の慌ただしい生活を忘れ、のんびりと過ごして最高の癒しを得ることができます。
スポンサーサイト

京都栂尾山高山寺で中坊進二を癒しに

「中坊進二に癒しを」というテーマで旅に出てみることにしました。今回は世界文化遺産にも指定されている京都の高山寺に行ってみました。鳥獣人物画や日本最古の茶園として知られる観光地になります。周辺には豊富な自然があり、紅葉の時期が一番の見ごろといえると思います。栂尾山の高山寺はJR京都駅からバスで約1時間かかりました。高山寺が作られたのは奈良時代にも遡るといわれています。行き方は他にも様々あるようですが、中坊進二はバスで行きましたので、裏参道を使いました。自然が非常に美しく、ある程度、自然のまま置いているという感じでしょうか、それがありのままの美しさを表現しているようでした。階段を登りきると石水院があります。境内は昭和41年に世界文化遺産に登録されたそうです。ここには様々な歴史があるようで、ときに名を変え、役割をかえ、場所を変えて残る明恵上人時代の唯一の遺構だそうです。高山寺は広大な自然が魅力でした。茶園で茶摘みができたり、歴史を感じることができるスポットです。

中坊進二が旅行した京都の光悦寺

京都のよさを実感するために秋ごろに光悦寺に行ってみました。
参道にある紅葉はとても美しく、周辺も手入れされている感じが実感できました。
紅葉のトンネルがあまりに美しい光景だったので記念に撮影しました。
中坊進二が旅行したときはそれほど人もいなく混雑してなかったのでゆっくりと楽しい景色を満喫することができました。
その後ゆっくりと参道を歩いて、庭園に行ってみましたが周りにある木は見ごたえがあり自然を感じることができました。
境内に続いている石畳も美しく様々な自然と合わせて楽しむ事ができました。
また、休憩するベンチもあったので疲れた時はそこで休憩していました。
すると鳥の鳴き声が聞こえてきて良い音色を聞きながら休むことができたと思います。
山が見える見晴台みたいな場所から、味のある風景を感じながら普段の生活を忘れることができました。
寺院内にも入ってみましたが、予想していたより綺麗で広かったので、また中坊進二が京都に旅行する時は光悦寺に訪れてみたいです。

京都旅行で中坊進二の心に残った源光庵の窓

京都をパックツアーで訪れたときにコースに入っていたのが源光庵でした。丸と四角の窓があり、この窓からの景色を写真に撮ったりこの窓を眺めたりするためにたくさんの人が訪れる場所だと知りました。「迷いの窓」「悟りの窓」というそうです。その窓についてはなんだかよくわかりませんでしたが、紅葉がきれいだったことは鮮明に覚えています。
とてもきれいなお寺で、手入れが行き届いていると感じました。周辺のお寺にも行きましたが、どこもきれいに整備されていると思います。
中坊進二はお寺巡りにそれほど興味を持っていなかったのですが、実際に行ってみるととても良いものだと思いました。源光庵では座禅会も行われているということだったので、いつか中坊進二も参加してみたいと思いました。
京都はまた近い内に必ず訪れたい場所となりました。今度は違うエリアにも行って色々な体験をしてみたいです。ご飯もおいしかったしおみやげもたくさん買って、とても楽しい旅行でした。

京都・建仁寺で中坊進二自身をリフレッシュ

臨済宗建仁寺派総本山であり、京都五山の第三位である建仁寺の建立は13世紀に遡ります。当時の鎌倉幕府の援助を受けて栄西が開山したこのお寺には、国宝の美術品や美しい枯山水の庭、16世紀に移築されたという重要文化財の方丈など、見所は沢山あります。けれど中坊進二の今回の目的は、写経。受付で1,000円を払って机に向かい、精神を統一して一文字一文字丁寧に書いていきます。足が痺れ、手が震え、汗をかきながら一時間弱で終了。想像以上に大変な作業でしたが、間違えないように、失敗しないようにと一文字ずつ書いているうちに心が自然と落ち着き、一心不乱に文字を書く作業に没頭していると雑念を忘れ五感が澄み渡るような気持ちがしました。完成した写経を収め、ご朱印を頂いたら写経体験は終わりです。何だか新しい中坊進二になったような、すっきりとした気持ちでお寺の素晴らしい美術品の数々を鑑賞していると、美術品が訴えることがすっと体に入るような気がしました。京都というとどうしてもお寺に買い物とあちこち駆け回ってしまいたくなるのですが、たまにはこんな贅沢な体験をしてみるのも、京都旅行の醍醐味だと思います。

中坊進二は真夏に京都旅行で清水寺に行きました

中坊進二は、初めて京都の清水寺を訪れた時、その高さに驚きました。清水の舞台から飛び降りるという言い回しがありますが、これは思い切って大きな決断をするという意味です。そしてその清水の舞台は本当に高く、この言い回しができた理由が分かったような気がしました。
清水の舞台は、具体的には12~13メートルもあるそうです。この高さ自体がすごいですし、それを木材で支えていることもすごいと思いました。清水寺は約1200年前に建てられたのですが、それほど昔にこのような建築技術があったことに感心します。日本の建築技術の高さが、誇らしく思えました。
その舞台からの景色も素晴らしく、まず周辺には緑が広がっているので、それを眺めることができました。その緑の向こうには市街地が広がっていて、それも見渡せました。中坊進二が行ったのは真夏だったのですが、高所で見晴らしが良いためか、全く暑くなく、むしろ風が吹き抜けるようで気持ち良かったです。
他の季節の眺めも素晴らしいと聞くので、この絶景を楽しむために、ぜひまた京都旅行に行きたいです。

中坊進二の初の一人京都旅。25日は縁日も楽しめる北野天満宮について

大学生の春に初めての一人で京都を旅しました。中坊進二は歴史が大好きで、いつか京都のお寺や神社を一人でゆっくり周ってみたいなと考えていて、季節の良い春に行きたかった場所をピックアップし京都に向かいました。
その行ってみたかった場所の一つが北野天満宮です。梅が有名な北野天満宮ですが、中坊進二が行った際はすでに終わりの時期でした。それでもたくさんの人で賑わっていました。中坊進二がここで一番興味があったのは重要文化財である三光門です。三光門なのに真っ赤な太陽と金色の月しかないと聞いていたのですが、それをこの目で確かめてみたかったからです。確かにどこを探しても星はありませんでした。三光門の上に北極星が輝いていたのでわざと作らなかったという話を聞き、昔の方の風情を感じました。
また行ったその日はたまたま25日で、縁日がたくさん出ていました。話を聞くと25日は「天神さん」と言われ、1000ものお店が出るという事でした。北野天満宮だけでなく外の縁日でも楽しむことが出来ました。次回は梅がきれいに咲いている時期に来たいと思います。

中坊進二の京都旅行~勧修寺

京都には世界的にも有名なお寺がたくさんあるので、何度か訪れるだけではとてもその全部は見きれません。中坊進二にとって今年は17回目の京都訪問、今回もいくつかのお寺を見て回ったのですが、その中でもひときわ印象に残っているのが「勧修寺」です。中坊進二はどちらかというとあまりメジャーではないという印象を持っていたのですが、「勧修寺は一度行ったら何度も行きたくなるよ」という親友の言葉を信じ出かけてみました。
とてもきれいに手入れされた入口を見た瞬間、直感ですがこれは期待できると思いました。庭に立ち池を見ていると、まるでタイムスリップしたかのような感覚になります。あいにくの雨で人影もまばらだったせいもありますが、日常を完全に忘れ、遠い昔の時代に思いを馳せることができました。京都では春に桜、秋には紅葉が有名なお寺がたくさんありますが、この勧修寺はそれぞれの季節にどんな顔を見せてくれるのかとても気になっています。京都の新たな一面を見せてくれた勧修寺、今度はどの季節に行こうかと今から思案中です。

中坊進二が夏の京都を楽しんだ廬山寺

夏の京都はとても暑いことで有名ですが、夏だからこそ行くべきおすすめスポットと勧められて中坊進二が訪れたのが、京都市上京区にある廬山寺でした。
廬山寺は平安時代の中期に創建された天台宗のお寺で、その当時はもっと北寄りの山裾にあったそうですが、豊臣秀吉の時代に現在の場所へ移ってきました。
実はこの廬山寺、古典文学好きな人の間ではたいそう有名なお寺だとのことです。というのも今このお寺がある場所は、元は紫式部の邸宅跡だったのだそうです。
紫式部といえば世界最古の小説といわれる源氏物語の作者としておなじみです。中坊進二が訪れてみると確かに境内には紫式部の歌碑が建っており、庭は源氏庭と名付けられていました。そしてその庭には、紫式部にちなんだ紫色の桔梗の花が咲き誇っていました。そうです、この花の盛りが夏なのです。
決して大きな庭ではないのですが、それだけにこじんまりとした空間には独特の趣がありました。そしてその静寂の中に咲く可憐な紫色の桔梗は、王朝のロマンを感じさせる高貴な花として強く印象に残りました。

中坊進二は友達と一緒に京都にある六波羅密寺に行ってきました

中坊進二は以前テレビで放送されていた、京都にある六波羅密寺のことが気になっていました。六波羅密寺には平安時代や鎌倉時代の仏像が多くあり、重要文化財である空也上人立像と平清盛坐像が安置されているそうです。その他にも名宝がたくさんあり、お寺巡りが好きな中坊進二はとても行きたくなりました。中坊進二は会社の休みを利用して、同じくお寺巡りが好きな友人と京都に旅行に行きました。六波羅密寺にたどり着くと、朱色で美しいお堂に心を奪われました。入ってすぐの所に、福寿弁財天が安置されています。きれいに光り輝いている像なので、とても興味を惹かれました。福寿弁財天のすぐ横には、一願石という願いを叶える石があります。願いを込めて3回まわすとご利益があるということで、早速友達とお願いごとをしました。本来の目的である宝物館に行くと、歴史のある仏像が多数安置されていました。平清盛坐像は学校で習った平清盛のイメージとは異なり、思慮深く落ち着いた雰囲気を感じました。平安時代や鎌倉時代に興味がある人は、六波羅密寺に訪れてみるとより深く歴史について感じたり学ぶことができると思います。

京都の鹿王院に行った時の中坊進二の感想

中坊進二は、去年、京都にある鹿王院に行きました。
鹿王院とは、京都にあるお寺の一つで、臨済宗の単立寺院です。
嵐電の鹿王院駅から徒歩5分で着きます。
鹿王院は、紅葉が綺麗なことで有名です。中坊進二も、紅葉シーズンに行きました。
山門をくぐると、石畳の道に紅葉のアーチが続いていてとても綺麗でした。
中坊進二が行った時は、人も少なく、ゆっくりと静かに紅葉を楽しむことができました。
見頃は11月下旬から12月上旬のようです。
紅葉のライトアップはありませんが、十分に楽しむことができます。
遠景に嵐山が見えるので、とても魅力的です。
紅葉シーズン以外でも、お寺の中を見ることはできます。
梅雨の時期は、緑のモミジが雨の後だと一層青さを増して綺麗です。
また、本堂にある運慶作と伝わる釈迦十大弟子像も迫力があります。
京都らしい、静かな時間を過ごしたい方など、とてもおすすめです。心が落ち着き、ホッとした気持ちになります。
穴場スポットなので、興味のある方はぜひ訪れてみて下さい。

中坊進二にとって初めての説法体験をした京都鈴虫寺

付き合っていた相手と別れ、新しい気持ちで次の恋愛をスタートさせるために京都の鈴虫寺に行ってきました。中坊進二一人では不安だったので、スケジュールが空いていた友人と一緒に出掛けました。全国的にも有名な縁結び・恋愛成就の寺であり、当日も各地から多くの人が詰め掛けていました。最寄駅からバスに乗り換えて約1時間、突然目の前に鈴虫寺が現れました。サイトをチェックしてから現地に来たのですが、予想以上に大きく綺麗な建物でした。鈴虫寺に来たら一番最初にやりたい事として、予約不要の説法に向かいました。予約は不要ですが行列がズラッと並んでおり、時間を要するかなと思っていたら、30分毎の入れ替え制で意外とスムーズに進みました。目の前にはケースにたくさん入った鈴虫が置いてあり、リーンと爽やかな音を響かせていました。中坊進二にとっては初めての説法体験でしたが、お坊さんのお話が面白くて時間はあっという間でした。新たな出会いを求めて行った京都の日帰り旅でしたが、充実した時間が過ごせました。

中坊進二の京都・神護寺と紅葉巡りの旅

神護寺(じんごじ)は、京都府右京区にある高野山真言宗の由緒ある古寺です。
和気清麻呂が天応元年(781年)頃、海抜900メートル超の愛宕山に建立した神願寺と高雄山寺が後に合併して、神護寺と名を改めました。愛宕五寺の1つと称され、月輪寺とともに現存しています。その後も、2度の火災に遭い、壊滅の危機に見舞われますが、弟子たちの願いと尽力によって、長い期間を得て復興し、現在に至ります。
中坊進二は、2泊3日の秋の京都観光バスツアーの寺巡りで訪れました。旅程の2日目に、旅館からバスで高山寺に行き、西明寺を経由して、神護寺までの道のりで、およそ1キロ程度の長くはない距離を歩きましたが、途中の紅葉がとても美しく、古寺と見事に調和した風景を写真を撮りながらだったため、時間がかかりました。また、僧侶や添乗員の説明が不思議と頭に入り、同行者で一番若い中坊進二でも神聖な気持ちになれました。
そして、神護寺近くにある茶屋で昼食を取りましたが、風景の素晴らしいところでは、料理がおいしく感じられました。

中坊進二は京都の地蔵院に去年はじめて行きました。

皆さんは京都にある地蔵院に行ったことがあるでしょうか。あのお寺はとても静かで心を癒す事ができるのでオススメのスポットとだと中坊進二は思います。
中坊進二はその地蔵院に去年はじめて行ったのですが、行く前は嵐山中心部から少し離れているため、あまり気乗りがしませんでした。しかし、いざ行ってみるととても静かなお寺で、ゆっくりとキレイな竹林を楽しむ事ができたのです。ここであの心のキレイな一休さんも子供時代を過ごしたんだなと思うと、何だかちょっと感動的な気分になりました。心が洗われるというのはあんな感じなんだなと今でも印象に残っています。ちなみに、お庭を眺めながらのお抹茶もたいへん美味しかったです。はじめはあまり気乗りがしませんでしたが、心が癒されたので地蔵院に行って本当に良かったと思います。また今年も休みがあり京都に行く事になったら地蔵院に行って心を洗いにいこうと考えています。
皆さんも京都に行く機会があったら是非寄ってみて下さい。きっと心もカラダも癒されるはずです。

京都にある芬陀院は中坊進二の癒しの場

京都の東山区にある芬陀院は東福寺の塔頭の1つで、京都最古の蓬菜式枯山水庭といわれています。中坊進二にとってはこれを眺めるのが癒しとなっていて芬陀院へ訪れるのが毎回楽しみなのです。南側は白砂と苔、植栽というシンプルな造りではありますが、縁起が良い鶴と亀になぞらえて設置されている立体的な石組になっています。東側は鶴亀石組の枯山水庭園になっていて、南側は亀島が中心ですが、東側は鶴島が中心となっています。11月頃に行くと紅葉もとてもきれいで、紅葉を楽しむことができます。中坊進二は車で行ったので、駐車場が30台分ほどあってしかも無料で使えるというのは助かりました。安心してゆっくりと散策することができましたし、もう一度来たいなと感じました。庭がゆっくりと眺めることができるようにと座布団まで用意されているのはとてもうれしかったです。平日でしたら他の参拝者の方も少ないのでオススメです。庭を眺めにもう一度行きたいものです。

中坊進二が京都で毘沙門堂をお勧めする訳

京都には多くの寺社仏閣があり、自然の面から見てもそれぞれが美しい形式を提供してくれるので事前と足を運ぶ回数が増えます。そんな京都の中でも一際中坊進二の心を捉えるのが毘沙門堂です。
山科にある毘沙門堂は天台宗のお寺で、ご本尊は名前から想像がつく通りに毘沙門天です。中坊進二のお勧めコースは駅から山を散策するコースで、定番の八つ橋を食べてから散策します。ゆっくりと上って行くに連れ少しずつ落ちついた街並みになる為に日常の喧騒を忘れられます。特に疎水を歩くと京都に旅に来た気分になるのでしょう。
勿論、紅葉のシーズンの景色は一見に値します。但し、土日は混雑が予想されるので平日にしか中坊進二は行かないです。早朝寒さが残る中少しだけ頑張って山道を登った後に綺麗な紅葉に囲まれた毘沙門堂にお参りすると身が引き締まります。それから庭園を一周して池と樹木とのコントラストを楽しむのもいい物です。
今度は是非桜のシーズンにも行こうと考えています。

秋の京都を訪れるなら、中坊進二的には仁和寺がおすすめです。

仁和寺は「仁和寺にある法師、歳寄るまで石清水をおがまざりければ~」っていうお話、あれを読んだ時から一度は行ってみたかった場所です。
京都には何度も足を運んでいるのですが、今回初めて訪れました。なんといっても紅葉がきれいでした。ちょっと時期が早かったかな~とお思っていたのですが、さすが山際、圧巻の赤・黄・緑のコントラストがみごとでした。
京都市内からは割と遠い感じがしていたので、中坊進二はこれまで行ったことがなかったのですが、改めて地図をみると金閣寺や龍安寺といった観光スポットも近くにあります。バス停ももちろん目の前にあるので、意外にまとまった観光ができました。すっかり気に入っちゃいました。
ちょっと風が冷たかったのですが、金閣寺からの散歩道をゆっくり歩いて散策しながら、仁和寺までいきました。途中に団子屋さんとかお土産物屋さんもあって楽しみながら散策できましたよ。
京都って季節によって旅行するたびに違った表情が楽しめるところが中坊進二は好きです。また、春の桜も見にきたいです。

中坊進二のおすすめする京都大覚寺の紅葉

"京都の大覚寺は、いけばなの嵯峨御流の嵯峨華道総司所(家元)となっています。そもそも大覚寺とは、平安のはじめ、嵯峨天皇の離宮として建立されました。中坊進二は、独身時代から嵯峨御流のいけばなを習っており、師範免許も持っているということもあり、京都に旅行に行くたびに、大覚寺を訪れています。
 この寺の紅葉は、本当に見事です。境内にある大沢池の周囲は、桜の時期も良いのですが、紅葉の時期がもっとも美しいと、中坊進二は感じています。水面にうつる紅葉のライトアップは、それはそれは見事です。紅葉の時期に、例年嵯峨菊展示が行なわれており、中坊進二は数回この時期の京都を訪れました。
 大覚寺の紅葉の2014年の見頃の時期は、11月中旬~12月上旬となっています。大沢池周辺のライトアップ情報については、2014年11月14日(金)~12月7日(日)に期間の17:30~20:30となっています。期間中は大変混雑するのですが、本当に一見の価値はありますのでおすすめします。

中坊進二の旅行記、京都の勧修寺をたずねて

昨年秋、中坊進二は京都の山科にある勧修寺を訪れました。事前に観光ガイドで調べてみたところ、勧修寺は京都では穴場の紅葉スポットとあったので、紅葉狩りを趣味としている中坊進二にとっては、うってつけの場所と思って楽しみに行ってきました。電車での移動でしたが、最寄り駅は地下鉄東西線の小野駅で、歩いて6分ほどの場所にあります。境内に入ると赤や黄に色づいたもみじの木々でいっぱいで、落ち着きのある寺院のたたずまいとのコントラストが何ともみごとであり、思わずシャッターを切り続けました。穴場というだけあって、観光客はまばらで境内の静寂に包まれた中、心おだやかにして散策を楽しむことができました。所々には、赤や黄色の落ち葉が積もり、まるでもみじのカーペットのようになっているのも風情があり素敵でした。ちなみに春には参道わきの桜並木がきれいだそうで、今年の春もまた訪れてみようかと思っています。拝観時間は9時から16時まで、拝観料は一般が400円、小中学生が200円になっています。

中坊進二のオススメ京都嵯峨野にある滝口寺

"京都の嵯峨野にある滝口寺は、緑に囲まれた静かな山寺です。
周囲に観光名所がいくつもある中、ひっそりとしたこのお寺は目立たない存在に見えますが、ここには古都の歴史に翻弄された悲恋の伝説があるのです。
日本史が好きな中坊進二は、京都観光に訪れた際には必ず行ってみたいと考えていました。
今年ようやくその憧れの滝口寺に訪れることができ、その佇まいに感動しました。
滝口寺の伝説は、実は2つの悲しい女性の物語でもあるのです。
1つはこの寺の名称ともなった、平安時代の滝口武士斉藤時頼と横笛の悲恋です。
親族によって恋愛を断ち切られた時頼は、出家しこの寺で修業をします。
そこに横笛が訪ねてきますが、すでに出家した時頼は面会を断り二度と会うことはなかったそうです。
その後、横笛は尼になったという説、自殺した説など様々あり、いずれにしろ悲恋に終わったことは間違いないのです。
もう1つは、鎌倉幕府を倒した名高い武将新田義貞とその妻勾当内侍のお話です。
幕府を倒した後、義貞は反目した足利尊氏と争い、最期は敗れ首をはねられます。
京都の辻で晒し首となっていた夫の生首を、宮中に仕える身分の高い女性だった勾当内侍が夜中に盗み出し、この寺に葬ったのです。
その壮絶な愛の舞台となった滝口寺は、全てを飲み込むように静かに美しく佇み、ひっそりと今も中坊進二たちの営みを見守っているようでした。"

中坊進二が行きたかった京都の廬山寺は、紫式部ゆかりの寺です。

京都に出張に行った帰りに、かねてより興味があった廬山寺に行ってきました。廬山寺へのアクセスはいくつかありましたが、中坊進二は四条河原町から京都市営バスに乗って行くことにしました。京都府立医大病院前で下車して、5分くらい歩くと到着しました。
廬山寺の拝観料は500円です。源氏物語を執筆した紫式部の邸宅跡として知られていて、境内には紫式部邸宅跡の碑や紫式部の歌碑が建っています。本堂の前には白河砂が敷き詰めているところに苔で島が作られている源氏庭があります。紫の桔梗の花が見事で、人も少なかったのでゆったりとした気分で堪能しました。
廬山寺では500円で写経を受け付けているそうです。写経の道具もそろっているので、気軽に体験できそうです。写経は60分から90分かかるので、中坊進二は今回は時間がなくてできませんでしたが、今度、もし京都を訪れることがあったら、ぜひ写経を体験して、紫式部が源氏物語を執筆した気分になってみたいと思います。

京都の千本釈迦堂に行った中坊進二の修学旅行

中坊進二の小学校の修学旅行の行先は、京都と奈良です。一泊二日で行きました。一日目は、奈良の東大寺へ行って大仏をみたり、鹿とたわむれた記憶があります。若草山も散策しました。二日目に京都へ行きました。太秦の映画村とかにいくのがメインでした。中坊進二が修学旅行へ行った年、悲しいかな清水寺や金閣寺が改装中で、中に入れなかったのです。この二か所は、修学旅行生の良くいく場所です。学校の先生方も、この二か所を巡る予定の時間が開いてしまう訳で代案を考えるのが大変だったことでしょう。そんな中、中坊進二たちが訪れたのが「千本釈迦堂」です。当時は、「国宝のものだ」という印象だけで、小学生には「ちょっと」という感じでした。しかし、千本釈迦堂って調べれば調べるほどおもしろい場所だと大人になって気づきました。中坊進二は、歴史が結構好きです。千本釈迦堂と応仁の乱との関係を知って、わくわくしてもう一度行き直しました。小学生より高校生の方が、興味を持てると思います。でも、行って良かったです。

中坊進二の京都のオススメのスポット鈴虫寺

中坊進二が京都に旅行する時、必ずと言っていいくらいお参りするお寺があります。それは、鈴虫寺です。恋愛成就、縁結びのお寺として知られていて、いつも多くの人が訪れています。説法があり、鈴虫の鳴き声を聞きながら、ためになる話、心がホッとなる話は何回聞いても心に染み渡ります。
そして、庭園には、たくさんの竹林もあり、高台にあるため、京都市内を眺めることができるのです。そして、鈴虫寺で忘れてはいけないものが、願い事が叶うお守りを買うことです。そのお守りに願い事を言い、身につけると願い事が叶うのです。中坊進二は、それで結婚できました。願い事が叶うとそのお守りを鈴虫寺に納めに行くのです。そこで、中坊進二は、新しく願い事を言い、お守りを持ち続けていました。今度は、子宝にも恵まれました。中坊進二にとっては、願い事を叶えてくれる素敵なお寺で願い事が叶うといつもお参りに来ています。そんな、パワースポットの鈴虫寺は、悩み事がある人、願い事を叶えたい人にとってとてもオススメの場所です。

中坊進二の京都神護寺日記について

 京都高雄の神護寺で美しいのは、やはり紅葉の季節です。秋の京都はどこも美しい紅葉で埋め尽くされますが、神護寺の紅葉の風景が、また風情も違って素晴らしいです。境内にむき出しの石段があります。その石段に挿す様な真っ赤に染まった紅葉は、その日に行った、中坊進二だけの、貴方だけの紅葉になります。
 紅も深い時期に行けば、写真もいっぱい撮れますが、人が多い時間帯よりも、早めの午前中に訪れる事をお奨めします。京都の高雄なので、京都観光のその他の場所の様な賑やかさはありませんが、中坊進二は神護寺が大好きです。もし、車で行っても、一応近辺に市営の駐車場などもありますので、利用してみてください。
 秋になると彼岸会があり、五大虚空蔵菩薩像の御開帳などもあります。坐像なのでやや小ぶりの菩薩像様ですが、五体集まると、その空間に引き寄せられてしまいます。元々空海が整備に関わったとされるお寺ですので、自然豊かな中にも、その息吹が感じられます。是非一度、神護寺を訪れてみてください。中坊進二のお奨めです。

京都で中坊進二が気に入った地蔵院というお寺

同級生に会いに京都へ行った中坊進二に、同級生が案内してくれたところが地蔵院でした。
あまり知らないところをお願いしたのですが、同級生も一度しか行ったことがないということで、一緒に行こうとなったのです。
竹林がとても美しいと有名な寺院だということで、一休禅師が修養の場としていたところとしても有名だということです。京都にくる観光客も来るということですが、中坊進二ははじめてそのような場所を知ったのでとても驚きました。
地蔵院は別名、竹の寺とも呼ばれているくらいに境内に竹があるのですが、それがとても落ち着いた空間を作ってくれていて、とても静かです。秋になると紅葉もとてもきれいになるのだということを聞きました。ですが、そのときはまだ秋ではなかったので、雰囲気を想像してみていました。苔などもあり、竹林、紅葉とどんな季節でも楽しみながら静かな空間を感じることができるのだということです。
空気がしっとりとしている、というか他とは少し空気が違うと感じました。

中坊進二が京都の寺院巡りで訪れた勝林院

 中坊進二は友人と京都の寺院巡りをした際、勝林院を訪れました。名僧が論争した大原問答の舞台とされており、1013年に創建され、声明の根本道場として発展したところです。中坊進二は、天台宗の僧侶・顕真が法然を招き極楽浄土について論争したという「大原問答」の逸話を予習して訪れたので、拝観時の味わい深さはよりいっそう増しました。 入口に来迎橋と呼ばれる小さな橋があり、この橋より内側が極楽浄土という演出がありました。寂の風情に包まれる本堂の中には、本尊・阿弥陀如来坐像が鎮座しており、法然上人木像などもまつられていました。問答の際、光を放ち法然に軍配を上げたと伝わる「証拠の阿弥陀」を拝観でき、その堂々としたきらびやかな姿に圧倒されました。 本堂まで続く道は、真っ直ぐな石畳で、その脇に緑があるのですが、太陽の加減で一直線上の本堂のみが光に照らされた光景は実に見事で、まさに極楽浄土を表現している風景でした。京都の勝林院は、のどかで落ち着く雰囲気の中に、ダイナミックさも感じられる空間でした。

中坊進二のおすすめ、京都に行くなら正伝寺。

みなさん、京都はお好きですか。お寺巡りもいいですし、美味しい食べ物もたくたんありますよね。情緒あふれる京都が大好きで、中坊進二は年に何度か旅行に行きます。京都には歴史あるお寺が数々ありますが、中でも正伝寺がおすすめです。ごく小さなお寺ですが、正伝寺に向かう道中には立派なもみじが何本かあり紅葉がとても素晴らしいのです。ここだけの話、こちらのお寺はとても穴場スポットで、ほとんど近所の方しか訪れない知る人ぞ知る、紅葉の名所のようです。紅葉だけではなく庭園も見事なものです。数あるお寺の中でも、正伝寺のお庭が中坊進二は一番好きですね。サツキの丸い刈り込みがなんともきれいなのです。青々しい新緑の生命力あふれるサツキも素敵ですが、ちらちらとピンクのサツキが咲き散らばっている姿も愛らしいさがあっていいですね。京都の観光スポットからは少々離れたところにあるお寺ですので、訪れる方も非常に少なくのんびりと観光することができますよ。時間を忘れてお庭を堪能できるところもオススメポイントのひとつです。

京都勝持寺に中坊進二と友人で行ってきました。

京都が大好きであちこち行っていますが、先日中坊進二は友人と京都の勝持寺に行ってきました。勝持寺は「花の寺」として有名です。電車とバスを使って移動しました。バスを降りてからも歩かないといけないので、観光客も少なくおすすめです。四季折々の花が楽しめるのですが、やはり境内にある約100本のソメイヨシノはとってもきれいです。ここには西行法師が植えたと伝えられる「西行桜」もあります。薄ピンクの花びらが咲き乱れ、本当に美しかったです。勝持寺は仏像もたくさん安置されています。本堂は覗けませんでしたが、阿弥陀如来やお不動さんがありました。勝持寺周辺にもお寺や見どころがたくさんあります。八条ヶ池のサクラも満開でした。たっぷり桜を堪能した中坊進二は、京都料理を食して帰ってきました。今回は桜でしたが、秋ごろに訪れれば紅葉もとってもきれいなのだそうです。また、機会があったら行ってみたいと思います。歩く場所場所で桜が咲き誇っているので、心もあらわれます。

中坊進二の好きな京都相国寺の除夜の鐘つき

中坊進二は京都で生まれ育ちましたが、その良さの半分も分かっていなかったと思います。しかし、20代から10年近く関東に住んでみて、初めてその素晴らしさを知りました。30代になり神社仏閣仏像が好きになったこともあると思います。京都へ戻ってきたときに、相国寺の近くに住むことになり、自分の庭のように度々訪れました。わざと遠回りして、相国寺の中を通ることもあります。烏丸通という大通りから一歩中に入ると、大学の建物を横に見ながら、相国寺へとつながっています。本当に癒されます。除夜の鐘つきも中坊進二のなかでは一番のオススメです。他にも有名な除夜の鐘がつけるお寺もありますが、そういうところは早く行かなければ整理券がもらえず、なかなか鐘をつける機会がありません。しかし、相国寺なら人数制限もないため、並べば必ずつくことができます。とっても寒い中並ぶのですが、それもまた楽しいです。少しですがストーブも置いててくださり、ストーブの前までくるとホッと温まります。鐘をつくときは、土足厳禁なので脱ぎ履きしやすい靴が良いと思います。防寒も忘れずに。

中坊進二達なりの京都三千院の楽しみ方

数年前友人2人と3人で京都旅行に行った際にどこに泊まろうかという話になって、3人ともが泊まったことのない三千院にしようと決まりました。1日目は京都市内の寺社仏閣を巡り、夕方には最寄の地下鉄駅に着きました。そこからは宿の車が迎えに来てくれて宿に向かいました。宿は思ったよりも山の方にあり夜にまた出かけるなんて出来そうにない感じでした。建物は飾り気のない民宿と言った風情でしたが夕食に手作り豆腐や具の色々入った鍋が出たりと食事は美味しかったです。中坊進二と友人達は学生の頃の合宿みたいだと言い合いました。お風呂も3人で入ったり本当に合宿のようでした。出かけない分夜はたっぷりおしゃべりもできました。翌日の朝ご飯も美味しく食べて早めに宿を出ました。三千院はすぐ近くで歩いて行くとまだ観光客も誰もいなくて静かでした。中坊進二達は3人でゆっくりと静かな三千院を満喫できました。お土産を買ったりという賑やかな観光ではありませんでしたが、静かに寺社を参拝するという旅ができて良かったです。三千院を訪れる時はぜひ静かで人気のない早朝に行ってみて欲しいと思います。

中坊進二が京都の寺院めぐりで訪れた三十三間堂

 中坊進二が京都の寺院めぐりをしていると、中には似たような寺院もある中、この三十三間堂はスケールが違いました。本堂の全長が120メートル以上もあり、まず外観の大きさに驚きました。総檜造りのお堂は内陣の柱間が33あり、中央に湛慶の名作である千手観音坐像、左右に千手観音立像が各500体安置されていました。両端の雲座には、躍動感いっぱいに天を駆けながら悪神を追い払って幸を授ける風神と、仏法を守るために勧善懲悪にいそしみ風雨をコントロールする力の持ち主である雷神の像が立っていました。この千余体の仏像が並ぶ様子は圧巻で、迫力満点でした。 この多くの仏像の中に、心から会いたいと願う人に似た観音様がいるといういわれもり、お堂の中でしばらく眺めて楽しむことができました。三十三間堂は京都駅周辺にある観光スポットの一つですが、このスケールの大きさはここでしか味わえないという魅力のあるスポットでした。中坊進二にとってリピート観光したい場所の一つとなりました。 

京都の御香宮神社に行った中坊進二の思い出

京都伏見にある御香宮神社に行ってきました。中坊進二の簡単な感想です。御香宮神社は日本の名水百選に選ばれた「御香水」があります。この日も、地元の人がたくさん汲み来られていました。この「御香水」を飲んで病気が治ったことから「病気平癒」の御利益のある水として有名です。中坊進二も持病があるので、さっそく一口いただきました。冷たくておいしかったです。水占いもあり、おみくじを水に浸して占うものでした。また、こちらは安産の御利益があるとしても有名のようで、もうすぐ出産の妹のために、安産にお守りをいただきました。あと、中坊進二が面白いなと思ったのが絵馬堂です。京都には絵馬堂もあちこちにあります。こちらの絵馬堂も年季が入っています。古い絵馬もたくさん見られます。御香宮神社は建物も由緒があります。鳥羽伏見の戦いなど歴史におかかわりのある神社なので見度凝りがいっぱいです。なかでも石庭が中坊進二はとても気に入りました。鶴亀式の枯山水にうっとりしました。

京都にある金福寺は中坊進二のお気に入りのお寺です

中坊進二は京都旅行をした際、京都市左京区一乗寺にある金福寺を見に行きました。金福寺は臨済宗南禅寺派のお寺です。一度荒廃した金福寺を再興した鉄舟と親交のあった松尾芭蕉が、旅の途中に金福寺の庭園の裏側にある草庵を訪れたことから名づけられた芭蕉庵を見るのを楽しみにしていました。松尾芭蕉は中坊進二が最も好きな俳人だからです。芭蕉庵は茅葺き屋根の茶室で、この場所にかつて松尾芭蕉がいたのだと思うととてもわくわくした気持ちになりました。素朴な趣のある建物からは芭蕉らしさを感じることができました。芭蕉庵も一度荒廃したのですが与謝蕪村が再興したということで、芭蕉庵の背後の丘には与謝蕪村のお墓や句碑がありました。またお寺の本堂では与謝蕪村の遺品を拝観することができました。中坊進二は11月に行ったのですが気候も良く、紅葉だけでなくさざんかも美しかったため、時間を忘れていつまでも眺めていたい気持ちになりました。地元では味わえない京都の風景を堪能できました。

和気氏の中坊進二寺が元となった京都神護寺

"紅葉の寺として知られる京都の神護寺は、奈良時代である天長元年(824年)に建立された古刹です。
この神護寺は、和気氏の中坊進二寺であった神願寺と高雄山寺が合併してできました。
神願寺は、皇位を狙う道鏡によって左遷された和気清麻呂が罪を許されて都に戻った際に、和気氏の中坊進二寺の建立を願い、創建されました。
また、高雄山寺は現在の神護寺の地に古くからあった寺で、建立の年は明らかではありませんが、9世紀の初頭にはその存在が史書に残っています。
京都の市街地からやや外れたところにあり、華やかさはありませんが、鄙びた山寺の味わいが高い人気を誇ります。
本尊である薬師如来立像や五大虚空蔵菩薩像等、多数の国宝が安置されており、中でも伝源頼朝像を始めとする神護寺三像は、鎌倉時代に描かれた肖像画の傑作として知られています。
秋の紅葉の見事さは古くから比類ないとまで讃えられており、その時期には境内にある400段もの階段を上る観光客が列をなすほど訪れます。"

中坊進二的な草庵から大寺院にやがてまた草庵に京都直指庵

"京都の嵯峨野にある直指庵は、竹林に囲まれた小さな草庵です。
京都嵯峨野といえば皇室ゆかりの大覚寺や歴代天皇の陵がある、古くからの由緒ある地域ですが、この直指庵は最も奥まった位置にあり、自然の中の静かな環境にあります。
直指庵の由来は、臨済宗を学んだ独照性円がこの地に中坊進二的な草庵を開いたことに始まります。
その後、明の高僧隠元に学んでからは伽藍を創建し大寺院へと発展しましたが、長い歴史の間に法嗣が途絶え、ついには独照禅師の墓堂が残るのみとなってしまいました。
それを再興したのが、幕末期の近衛家の老女津崎村岡局です。
津崎村岡局は、浄土宗の寺としてこの草庵を再興し、開基時の独照禅師の中坊進二庵のように静かな落ち着いた環境で地域の子女の訓育に努めました。
現在、この草庵は旅人の癒しの場として広く知られており、来訪者が想いを綴る「想い出草」と名付けられたノートが置かれ、すでにその数は5000冊を超えるとされています。
毎年秋の特別公開時には、寺宝とともにそれらのノートも公開されています。"

京都の地蔵院は秋に行くのが中坊進二のおすすめ

"京都の地蔵院に行ったことがありますか。
中坊進二にとって、思い出深い場所でもあります。
地蔵院は、「竹の寺」とも呼ばれるほど素晴らしい竹林があります。
それは、境内に広がっています。
涼しげでのどかな雰囲気があるのも素敵です。
秋になると、紅葉が竹林の緑色に興を添えます。
ただし、交通の方が少し不便であるというデメリットがあります。
でも、竹林の見ごたえはかなりあります。
何しろ、境内が京都市の文化財環境保全地区に指定されています。
それほど、眺めが素晴らしいということです。
京都には中坊進二も行ったことがありますが、秋の紅葉の季節はどの場所も人込みが増します。
でも、この地蔵院なら、紅葉が美しいけれど観光客が少ないという穴場になります。
ゆっくりと紅葉を見ながら境内を散策してみましょう。
竹林と紅葉の美しい眺めをきっとゆったりと満喫できるはずです。
緑色と赤色の綺麗なコントラストに目を奪われてしまいますよ。
とにかく、自然の美しさが際立つお寺なのです。"

中坊進二と京都にある妙心寺

京都府の右京区花園にある妙心寺とは、臨済宗妙心寺派の大本山です。中坊進二は家が妙心寺の近くにあるため、毎週土曜日に行われている大衆禅堂に参加しています。大衆禅堂とは、土曜日の夕方から日曜日の朝にかけて泊まり込みで行う座禅会のことであり、短期間で禅の修行やありがたい法話を聞くことができます。京都府でもこの様な行事を毎週行っているお寺は少ないことから多数の参加者がいます。お寺でのネットワークを広げることもできます。この様な行事の他に、妙心寺には桃山時代や江戸時代に建てられた建物がたくさんあり、歴史に触れることができます。中でも中坊進二が一番歴史を身近に感じることができると思う建物は浴室と言って江戸時代に建てられた明智光秀の善提を追善するために建立されたことから明智風呂とも呼ばれています。また、このお寺の開創は建武4年(1337年)のことであることから歴史に名を連ねる有名人とのゆかりも多くあるお寺であることから国内外から観光客が訪れます。

中坊進二のおすすめする京都の紅葉スポット「曼殊院」

中坊進二は生まれてからずっと、京都で暮らしています。四季折々、様々な風情が楽しめ、おすすめスポットがたくさんある京都ですが、中坊進二は秋に行くと紅葉が綺麗な穴場スポット、曼殊院をご紹介します。曼殊院は京都市左京区、市バス一乗寺清水町で下車し、徒歩約20分のところにあります。無料の駐車場もあるので、車での参拝も可能です。こちらは歴史としては1000年以上続く、風情のある天台宗のお寺で天台五門跡の1つに数えられます。国宝や重要文化財を多数収め、境内の本堂である大書院前には枯山水庭園が広がっており、また「紅葉の名勝」として有名であるので、秋には鮮やかな紅葉を見ることができます。枯山水と紅葉のコントラストが素晴らしい写真を撮ることができるので、写真が趣味の方には特におすすめです。秋にはお抹茶接待や夜間拝観が行われ、お抹茶接待では800円菓子付きでお抹茶を頂くことができます。お抹茶だけではなくコーヒーも用意されていますし、紅葉を眺めながら、お茶を楽しめます。拝観料は、一般600円、高校生500円、中小学生400円となっております。紅葉の時期には是非一度行ってみてはいかがでしょうか。

京都の宝泉院は中坊進二にやすらぎを与えてくれます

京都の大原にある宝泉院は、中坊進二にやすらぎを与えてくれる場所で休日になるとよくお参りをします。秋には紅葉が有名で観光客も多数訪れていますが、それ以外の平日に行きますと意外と人も少なくのんびりと景色を眺めていることができます。宝泉院の境内に、樹齢700年の五葉の松があり壮大さと重厚さにいつもこころを奪われてしまいます。秋には境内がライトアップされて、これも本当に息を飲むような美しさに変わります。京都には名所旧跡が多数ありますので、なかなか全てのお寺や神社を巡るのは難しいことですが、宝泉院の素晴らしさを知っていただけたらうれしいと中坊進二は思っています。京都駅から市バスに乗りましたが、京都の街は見ごたえのあるところで大原に着くまで飽きることなく車窓を眺めていました。中坊進二はガイドブックに載らないような社寺仏閣をお参りするのが好きで、大原に着いてからものんびりと宝泉院に向かって散策しています。幾度も訪れていますが、行くたびに素敵な発見もさせていただいています。

中坊進二の勤務地の近くにある京都法金剛院

京都府の右京区花園扇野町にある法金剛院とは、平安時代初期に右大臣である清原夏野の山荘を没後にお寺にし、大治5年(1130年)に侍賢門院の願いによって建立されたお寺です。このお寺は中坊進二の勤務地の近くにあり、良く訪れる場所です。お寺の前は丸田町通りで、周辺は閑静な住宅街が広がっているため、京都の歴史ある法金剛院をゆっくりと堪能することができます。中坊進二はこのお寺の中でも平安時代末期につくられた庭園である池泉回遊式浄土庭園の景観がとても気に入っており、近くを通るたびに立ち寄っています。この庭園には蓮の花がたくさん咲いており、蓮の花と礼堂のベストな組み合わせがとてもきれいです。花以外にも庭園の北側には青女の滝と呼ばれる巨石を並べた滝があり、これは僧林賢が造ったと言われています。この青女の滝を含める庭園は数少ない平安時代のものとして国の特別名勝にしていされています。アクセスも良く駅から徒歩5分程という好立地にあるため訪れやすいお寺です。

中坊進二が好きな京都の宝筐院の紅葉と宝筐院の四季

京都には小さな寺院が数多くありますが、そのような場所に桜や紅葉の名所を発見することができます。そして紅葉が美しく深まりゆく秋を楽しめるのが、京都にある宝筐院です。中坊進二の中で宝筐院の紅葉が素晴らしいと思うのは、どの方向を向いても景色を楽しめることです。そして秋のどの時期に訪れても、いつも違った景色を楽しめます。初秋に訪れると、色づき始める紅葉とまだ緑色の葉のコントラストの中に本堂が浮かび上がります。そして中秋になると、真っ赤に染められた葉へと変化していきます。晩秋の頃になると、深い赤に染められた葉が少しずつ落ちていき、境内や庭を赤い絨毯で覆います。このような様々な秋の景色を楽しむことができるため、中坊進二は宝筐院が紅葉の名所だと思っています。しかも夏に訪れると青々したした葉に強い生命力を感じることができ、冬が始まる頃には他の赤い花が咲き始めます。京都には、ひっそりとたたずむ紅葉の名所があり、一年中静かに四季を感じることができる寺院があります。

京都では西本願寺をお西さんと呼ばれ、中坊進二も親しみをこめてお西さんと言ってます

京都では西本願寺をお西さんとよんでいます。中坊進二も親しみを込めながら、お西さんと言わせていただいています。京都の西本願寺は東本願寺とともにとても有名なお寺です。浄土真宗のお寺で、世界遺産にも登録されています。中坊進二はお西さんにお参りするときは、京都駅から徒歩でいくことにしています。駅を出ると京都タワーが見えますがこれは西本願寺のロウソクとも言われています。歩いていると懐かしいような街並みに出会えるのがうれしいですね。お西さんまではゆっくり歩くと20分ぐらいかかりますが、風景を楽しみながら歩いているのでさほど時間を感じません。西本願寺はとても広大で立派なお寺なので、誰でもすぐにお寺があるとわかります。道に迷うこともありません。中坊進二はそれほどの信仰心はありませんが、お寺にお参りをするとこころが洗われるような気持ちになります。お西さんの境内はとても広くて、鳩も飛んできて遊んでいます。近くに住む人たちの遊び場にもなっているみたいですね。

中坊進二の楽しみであると観光と京都の豊国神社について

中坊進二の楽しみの1つに京都観光があります。京都の豊国神社には豊臣秀吉が祭られています。豊臣秀吉は天正18(1590)年に全国を統一した人物です。日本史の教科書にも必ず取り上げられています。関東の雄であった北条氏政・氏直親子が秀吉に降伏して事実上の天下統一が成し遂げられたと教科書には記載があります。1598年に秀吉は亡くなっていますが、豊国神社の再興には明治天皇が大きく関わっています。大阪の夏の陣で豊臣家が滅亡すると豊国神社は不遇の境地に立たされていたのです。徳川氏の時代になりますと、明治時代になるまで豊臣氏に関する話題はあまり上げられませんでした。政治的な要因が考えられます。中坊進二は観光が好きなのですが、名古屋にも豊臣秀吉に関する名所が多数あります。こちらもお勧めです。豊臣秀吉に関係している歴史的な名所は京都以外にも名古屋や大阪にも有ります。JRの青春18きっぷを使うと比較的安い料金で観光ができます。

中坊進二が京都旅行で行った東林院

続きを読む »

京都観光と中坊進二の東福寺の思い出について

京都観光は中坊進二の楽しみの1つです。市営交通などの公共交通が充実しているので移動に不自由を感じることは無いはずです。東福寺はJR東海のCMの「そうだ京都、行こう。」でも取り上げられた寺院です。1997年の秋の時期に東福寺を話題にしたCMがテレビで放映されていました。「桜の木は全部ばっさり切ったそうです。春を捨てて秋という季節を大切にしたかったようです。」こんなフレーズを流していました。中坊進二はJRの青春18きっぷをよく使うのですが、東福寺駅という駅があったのを今でも鮮明に覚えています。JR京都駅の隣の駅です。東福寺駅ではJR奈良線から京阪線に乗り換えることもできます。JR西日本も京阪電鉄も京都観光に関する情報をホームページにて提供しています。時間があれば、また関西方面に観光に行きたいと中坊進二は考えています。皆さんも中坊進二と一緒に楽しく観光をしましょう。いつもの光景とは違った光景が目に飛び込んでくるはずです。気分転換にもなりますので、是非とも気軽に観光を楽しんでください。

中坊進二が好きな京都、今回は一華院さんに行きました

京都にある一華院さんに姉と中坊進二と2人で行きました。普段は非公開なのですが、紅葉の季節のほんのひと月だけ、お茶席として公開される寺院なのです。秋だけの特別茶席です。秋だけって言うのがいいですよね。お庭にはひときわ目立つ横に伸びた松があります。いき松というらしいです。こんなに立派で素敵な松は初めて見ました。感動します。全体的には、苔とつつじに囲まれたとても静かで心が落ち着く庭園でした。ほんとに時間が止まっているかのように、のんびりゆったりできました。その素敵な庭園を拝観しながら頂くお抹茶ともみじのお菓子も、本当においしくて感激でした。また、暖かいストーブも置いてあったので寒さなんてまったく感じませんでした。そして、写真の撮影も大丈夫だということなので、たくさんの思い出をカメラに収めることができました。天気も晴れていて、中坊進二も姉も最高に満喫してきました。また来年も京都の一華院さんに行こうと思います。

ふらふら中坊進二が迷い込んだ住宅街にあった京都の一音院

中坊進二は京都が好きなのでよく、一人ぶらぶらと歩きます。駅周辺にもお寺がたくさんあります。京都市下京区にある「一音院」は堀川五条交差点の近くにあります。最寄は四条大宮になりますが、ふらりと町を歩いていて、ふと住宅街に迷い込みました。この辺りはお寺がたくさん点在していて、小早川秀秋の菩提を弔う瑞雲院があります。小さなお寺や神社がたくさんあり、いかにも京都といった街並みです。入り口にはちょうちんとのれんがかかっていますが、そのたたずまいは民家です。というのも天命の火事によって焼失し、いまの静かな住宅街の中に移築されたようです。一音院は本圀寺の塔頭のひとつで、一音院周辺には豊臣家にゆかりのある塔頭がたくさんあります。京都には歴史的人物ゆかりのスポットがたくさんあります。今回のように、「こんなところが」と思う小さなところにも歴史が詰まっているのが中坊進二は面白いと思います。有名なスポットからチョット迷い込んでプラプラと歩くのも楽しいものです。

中坊進二の好きなお寺京都の医王寺について

中坊進二の好きなお寺の中のひとつである京都の医王寺について記述します。このお寺は、日本人のみならず外国人の観光客も数多く訪れる観光名所とも言える場所です。実際に土曜日や日曜日はもちろんのこと、平日でも多くの人がここを訪ねています。修学旅行らしき高校生の姿も、目にしたことがあります。ここには国の重要文化財も保管されています。木造の阿弥陀如来です。この阿弥陀如来はその高さが70センチ以上にも及ぶもので、鎌倉時代後期に作られたとされています。ヒノキの仏像で京都の名高い仏師が作成したものであると言われている、大変貴重な素晴らしい仏像です。もともとは別の本尊がありましたが、盗難にあってしまったため現在はこの阿弥陀如来が本尊となっているというわけです。中坊進二はこの本尊を拝むと気持ちが落ち着いてきます。しかしこの本尊は、年に3回しか拝顔することができません。ですから中坊進二は、日頃からここ医王寺の情報をこまめに確認するようにしています。

京都の医昌寺を訪ねてみての中坊進二的な感想

続きを読む »

中坊進二は京都の宇治中ノ島に観光に行きました

中坊進二は、京都府宇治市にある宇治中ノ島に観光に行きました。宇治川が流れていますが、その川に沿って咲く桜が満開で楽しい気分になりました。桜の季節の京都はとても人で混雑をしていますが、宇治中之島は宇治川が流れているので、比較的のんびりと散策することができました。宇治川では、舟に乗っている人たちがいて散策する中坊進二に手を振ってくれました。袖振り合うも他生の縁ということでしょうか、ここでのわずか出会いですが大切にしていきたいと思いました。宇治中ノ島で、このような出会いがあり何か忘れかけていたことを思い出させてくれたような気がいたします。中坊進二は、京都にある社寺仏閣などを巡ることを趣味としていますが、縁とはほんとうに不思議なものです。京都の宇治市には、宇治中ノ島を始め多数の名所旧跡があります。宇治はお茶でも有名な所です。世界遺産に指定されている平等院もあります。また、宇治中ノ島に観光にくることがありましたら、今度はゆっくりと茶室でお抹茶をいただきたいと思いました。

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。