プロフィール

Author:中坊進二
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中坊進二は京都の宇治中ノ島に観光に行きました

中坊進二は、京都府宇治市にある宇治中ノ島に観光に行きました。宇治川が流れていますが、その川に沿って咲く桜が満開で楽しい気分になりました。桜の季節の京都はとても人で混雑をしていますが、宇治中之島は宇治川が流れているので、比較的のんびりと散策することができました。宇治川では、舟に乗っている人たちがいて散策する中坊進二に手を振ってくれました。袖振り合うも他生の縁ということでしょうか、ここでのわずか出会いですが大切にしていきたいと思いました。宇治中ノ島で、このような出会いがあり何か忘れかけていたことを思い出させてくれたような気がいたします。中坊進二は、京都にある社寺仏閣などを巡ることを趣味としていますが、縁とはほんとうに不思議なものです。京都の宇治市には、宇治中ノ島を始め多数の名所旧跡があります。宇治はお茶でも有名な所です。世界遺産に指定されている平等院もあります。また、宇治中ノ島に観光にくることがありましたら、今度はゆっくりと茶室でお抹茶をいただきたいと思いました。
スポンサーサイト

大阪や京都の蔭凉寺を中坊進二が訪れたときのこと

中坊進二は、神社や仏閣を巡る旅を時々します。巡っているだけで心が癒されます。落ち着いた気分になり嫌なことも忘れられます。中坊進二は、今回大阪と京都の蔭凉寺を訪れました。蔭凉寺は、曹洞宗永源寺派に属したお寺です。大阪の和泉にある蔭凉寺は河村瑞賢の寄進によって建てられたお寺です。大坂夏の陣の際、伏見城の廊下で自決した将兵の霊を弔う為に、血染めの廊下板を使った血天井があります。同じ廊下の板を使った血天井は京都にはいくつかのお寺にあります。本堂前には樹齢300年の銀木犀がありますが、大阪府の天然記念物に指定されています。京都府南丹市にある蔭凉寺は、穏やかな所にあって訪れるだけで癒されると評判の寺です。美術工芸品である木造木喰仏像5躯があります。木喰五行明満が清源寺で造像した仏像の5体です。清源寺から近いこの寺に寄贈されることになったと言われます。お寺を訪れれば、日頃の疲れも癒されて、明日も頑張ろうという元気も湧いてきます。

中坊進二が京都の隠竜寺に思うこと

中坊進二が京都の学生であった頃京都市内の寺社仏閣に飽き足らず、出かけたのが綾部市でした。綾部市は京都の北東に位置し、兵庫県との境に接しています。今も農村が広がっている静かな街です。隠竜寺はそんな時に訪問した寺院です。隠竜寺に限らず、京都市内を一歩出ると、素晴らしい寺院や庭があるにも関わらず観光客の姿は殆ど見かけずに静かな時を過ごすことが数多く存在しています。特に綾部や福知山と行ったエリアの寺院は殆ど観光客に出会うことはありませんでした。もちろんそこにはおみくじもなく、観光ガイドもいないのです。しかしながら本当の寺院とはこういったところでは無いのかと思えるのです。誰もが自由に出入りできて静かな時を過ごしたり、自分を見つめなおしたりできる場所こそ本当の寺院なのではないかと中坊進二は思うのです。なぜこんなに良い場所がガイドブックに掲載されないのかという思いと、掲載されてしまったら静かな時間が奪われるかもしれないという思いが交差するのです。

中坊進二の京都の思い出の場は因性寺

中坊進二は妻と結婚した当時に新婚旅行に京都に行きましたが、その当時心に強く印象付けられた場所として、因性寺と言う寺院が存在します。中坊進二は京都のお寺を数多く巡って来ましたが、この因性寺は特に思い出深いお寺として中坊進二の心の奥底にずっと残っています。やはりよいお寺と言う存在は、日本人の心に深く響くもので、中坊進二にとってもこの因性寺と言うお寺の存在は長い人生においてかけがえの無い良い思い出を提供してくれたお寺です。お寺の人達もとても人柄のよい人々で、改めて京都の人柄の良さを再認識することになりました。これからも思い出を忘れることなく、何度も旅行で立ち寄ってみたいと普段から考えているので、今年も有給休暇を取って女房と一緒に再び京都の因性寺の門を叩こうと思っています。それほどまでにこのお寺は心に残る良い印象を与えてくれるお寺なのです。日本人ならば一度訪れてみれば、このお寺の素晴らしさをはっきりと実感することができるでしょう。

中坊進二のオススメのお寺は京都の因隆寺です

京都と言えば、日本はもちろんのこと世界各国から観光客が集まる有名な観光地です。その人気のひとつとして、京都には国宝級の歴史深い建造物やお寺などが数多く立地しており、人々を魅了していることがあげられるでしょう。 しかしながら、知名度の高いお寺だけが素晴らしいというわけではありません。知名度が低くても、昔から地元の人々に愛され続けているお寺はたくさんあります。 今回中坊進二がご紹介するのは、京都市上京区にある因隆寺というお寺です。周辺には商業施設や大学もありますが、一歩足を踏み入れればとても静かで、都会の喧騒から離れてのんびりと落ち着いた雰囲気を味わうことができます。因隆寺は全国的にも有名な名の知れたお寺ではないため、観光客もあまり多くはなく、混雑を嫌いゆっくりと観光を楽しみたいという方にはオススメのお寺です。 お寺は、心を落ち着かせることのできる癒しの空間です。自己を見つめ直す機会としても最適だと中坊進二も感じております。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。