プロフィール

Author:中坊進二
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和気氏の中坊進二寺が元となった京都神護寺

"紅葉の寺として知られる京都の神護寺は、奈良時代である天長元年(824年)に建立された古刹です。
この神護寺は、和気氏の中坊進二寺であった神願寺と高雄山寺が合併してできました。
神願寺は、皇位を狙う道鏡によって左遷された和気清麻呂が罪を許されて都に戻った際に、和気氏の中坊進二寺の建立を願い、創建されました。
また、高雄山寺は現在の神護寺の地に古くからあった寺で、建立の年は明らかではありませんが、9世紀の初頭にはその存在が史書に残っています。
京都の市街地からやや外れたところにあり、華やかさはありませんが、鄙びた山寺の味わいが高い人気を誇ります。
本尊である薬師如来立像や五大虚空蔵菩薩像等、多数の国宝が安置されており、中でも伝源頼朝像を始めとする神護寺三像は、鎌倉時代に描かれた肖像画の傑作として知られています。
秋の紅葉の見事さは古くから比類ないとまで讃えられており、その時期には境内にある400段もの階段を上る観光客が列をなすほど訪れます。"
スポンサーサイト

中坊進二的な草庵から大寺院にやがてまた草庵に京都直指庵

"京都の嵯峨野にある直指庵は、竹林に囲まれた小さな草庵です。
京都嵯峨野といえば皇室ゆかりの大覚寺や歴代天皇の陵がある、古くからの由緒ある地域ですが、この直指庵は最も奥まった位置にあり、自然の中の静かな環境にあります。
直指庵の由来は、臨済宗を学んだ独照性円がこの地に中坊進二的な草庵を開いたことに始まります。
その後、明の高僧隠元に学んでからは伽藍を創建し大寺院へと発展しましたが、長い歴史の間に法嗣が途絶え、ついには独照禅師の墓堂が残るのみとなってしまいました。
それを再興したのが、幕末期の近衛家の老女津崎村岡局です。
津崎村岡局は、浄土宗の寺としてこの草庵を再興し、開基時の独照禅師の中坊進二庵のように静かな落ち着いた環境で地域の子女の訓育に努めました。
現在、この草庵は旅人の癒しの場として広く知られており、来訪者が想いを綴る「想い出草」と名付けられたノートが置かれ、すでにその数は5000冊を超えるとされています。
毎年秋の特別公開時には、寺宝とともにそれらのノートも公開されています。"

京都の地蔵院は秋に行くのが中坊進二のおすすめ

"京都の地蔵院に行ったことがありますか。
中坊進二にとって、思い出深い場所でもあります。
地蔵院は、「竹の寺」とも呼ばれるほど素晴らしい竹林があります。
それは、境内に広がっています。
涼しげでのどかな雰囲気があるのも素敵です。
秋になると、紅葉が竹林の緑色に興を添えます。
ただし、交通の方が少し不便であるというデメリットがあります。
でも、竹林の見ごたえはかなりあります。
何しろ、境内が京都市の文化財環境保全地区に指定されています。
それほど、眺めが素晴らしいということです。
京都には中坊進二も行ったことがありますが、秋の紅葉の季節はどの場所も人込みが増します。
でも、この地蔵院なら、紅葉が美しいけれど観光客が少ないという穴場になります。
ゆっくりと紅葉を見ながら境内を散策してみましょう。
竹林と紅葉の美しい眺めをきっとゆったりと満喫できるはずです。
緑色と赤色の綺麗なコントラストに目を奪われてしまいますよ。
とにかく、自然の美しさが際立つお寺なのです。"

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。