プロフィール

Author:中坊進二
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都を巡る、中坊進二が華厳寺でお勧めしたいポイント

"京都の嵐山の少し南、阪急嵐山線の松尾大社駅の近くに華厳寺というお寺があります。そして、またの名を鈴虫寺といい、正式名称の華厳寺よりも通称名称である鈴虫寺の方が多くの人に知られています。八代目住職が鈴虫の心地よい泣き声に開眼し、一年を通して鈴虫の音が絶えないことから、鈴虫寺と呼ばれるようになりました。
山の緑の中の静かな場所にあるこの寺院では、参拝すると僧侶のよる法話などが聞くことができ、また、どんな願いでも一つだけ叶えてくれる草鞋を履いた幸福地蔵が有名でもあります。草鞋を履いたお地蔵様は日本で唯一、この幸福地蔵だけだそうです。それには、お地蔵様が願いを唱える中坊進二たちのもとまで救いの手を差し伸べるために歩いてくるからだと言われています。
中坊進二が華厳寺で好きなところは、美しい庭園と豊かな自然です。そして、その中でひっそりと佇む幸福地蔵の姿を見ると、心が洗われるような気がします。春夏秋冬、どの時期でもその時その瞬間の良さがあり、華厳寺では日本の四季を楽しめると言っても過言ではありません。
観光客で賑わう四条河原町やすぐ近くの嵐山とは違ってとても静かで、どちらが本当の京都の姿なのかと中坊進二は毎回考えさせられます。京都の山中ということもあり、冬には雪景色が見られ、さらに静かさと厳かな雰囲気を味わえます。
四季を通じて鈴虫の音色を聞きながら、周りにある花や木々、竹林などが調和している華厳時は、まさに癒しの空間とも言えます。そんな空間の中で、幸福地蔵にお参りすることで心を穏やかに自分と向き合うことができるはずです。"
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ninonino19830617.blog.fc2.com/tb.php/138-687d2069

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。