プロフィール

中坊進二

Author:中坊進二
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中坊進二の京都ひとり旅、興正寺の楽しみ方

"京都市下京区の七条堀川北西に位置する興正寺は西本願寺の南隣にある仏教寺院で、真宗興正派の本山です。かつて当寺は西本願寺の脇門跡で境内の場所や門の位置を見ると西本願寺の一部に思えてしまい、立派な伽藍を持つ本山なのに“目立たない”存在です。
西本願寺と比べて観光客が少ない興正寺は北野天満宮と並んで京都市内でも有名な梅の名所として知られており、毎年2月~3月にかけて見頃を迎えます。
境内の梅林には白梅と紅梅の木が植えられていて、2月頃になると僅かに開花時期をずらして美しい花を咲かせます。見どころは三門の内側に植えられている白梅と紅梅で、それぞれ門の左右で美しい紅白の花を眺めることができます。
中坊進二は毎年4月になると、満開の桜を眺めるために「哲学の道」を訪れるようにしています。哲学の道の両端で華やかに咲き乱れる桜とは対照的に、興正寺の梅林は落ち着いた雰囲気の下、紅白の梅花を眺めることができるのです。京都市内には他にも梅の名所がありますが、中坊進二が一番気に入っている梅は興正寺の梅林なのです。
梅の開花時期は桜(ソメイヨシノ)よりも長く、僅かに時期をずらして紅や白色の美しい花が順次咲きはじめます。一斉に全部の花が咲くこがないので、なるべく多くの梅花を楽しむために中坊進二はシーズン中に何度か時期をずらして訪問するようにしています。
梅の花が咲く頃の京都はまだ寒いのですが、梅花を見るとほんの少し春の息吹を感じることができるのです。"
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ninonino19830617.blog.fc2.com/tb.php/143-9633716a

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。