プロフィール

Author:中坊進二
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中坊進二の京都ひとり旅、西芳寺の楽しみ方

"苔寺として知られている京都の西芳寺は、京都駅からバスで1時間ほどのところにあります。苔寺というバス停で降りますと、すぐそこです。拝観は予約制になっています。中坊進二の場合は、旅の予定に合わせて、事前に往復はがきで拝観予約をしました。
中坊進二が拝観した当日は、気候のよい秋の1日でした。入り口ではがきをみせてから拝観料を支払って、まずは本堂で写経をしました。写経といいますと正座するものと思っていたのですが、正座ができない人には特別な席も用意されています。写すお経はよく知られている般若心経でしたが、下書きがされていますので誰でも写すことができます。
写経が済みますと、そこへ願い事を書きます。それをお坊さんが祈祷して本尊に奉納するようになっていました。中坊進二としては、はじめての経験で良い旅の思い出となりました。
ゆっくりと写経をして心が落ち着いたところで西芳寺の境内を散策です。100種類以上の苔に覆われた境内は、秋の陽光が木々の間から差し込んでいて幻想的でした。外国から来ている人も多くて、日本文化の幅広さがわかったような気がしました。
写経と幻想的な境内の拝観が終わって、こころが満たされたところで、中坊進二の西芳寺の旅はひとまず終わりました。中坊進二は、秋の1日の拝観でしたが、後で聞いたところでは、梅雨の頃が一番苔が映えて見えるということでしたので、次は6月頃に訪れたいと思っています。
この京都西芳寺は世界文化遺産にもなっている奈良時代から続く古刹です。拝観手続きは少し面倒ですが、行って見て本当に良かったと思っています。"
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ninonino19830617.blog.fc2.com/tb.php/150-7faa6ca9

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。