プロフィール

Author:中坊進二
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中坊進二の京都一人旅、縁結びの神様・地主神社へ

"昨年の9月に近くを通りかかった折に、清水寺と地主神社を訪問してみました。中坊進二が愛媛県の中学校に通っていた頃、修学旅行で京都に来た際に清水寺を訪れたのは20年も前です。久々に訪れた清水寺は「奥の院」が改修工事中でしたが、本堂や地主神社は昔と同じ姿でした。ひとつだけ昔と違う点は外国人観光客で混雑していたことです。レンタル着物を利用して着物姿で寺を訪れるアジア系の外国人女性の姿を多く目にしました。
清水寺の舞台を見た後に地主神社も訪れてみました。久々に訪れてみたら、修学旅行生や若い人が多く参拝していました。若い人にとっては清水寺の舞台や千手観音像よりも神社に祀られている縁結びの神様の方に関心があるのかもしれません。狭い境内に多くの外国人観光客が押し寄せるため、縄文時代の遺構である「恋占いの石」をゆっくり眺めることもできませんでした。
中坊進二は外国語を話す観光客で混み合う本殿とは少し離れた所で、数人の着物姿の若い女性が奥の方にある「栗光稲荷」を参拝している姿を目にしました。慣れない歩き方から察するに観光客と思われる着物姿の若い女性が4~5人、1列に並んで1人ずつ順番に参拝をしていたのです。京都の神社仏閣を訪れる観光客の主な目的は参拝ではなく庭園や建物の見物です。ところが、地主神社については今でも信仰の対象とみなされていたのです。
中坊進二はこれまで京都の観光名所を訪れてきましたが、このように若い女性が列をつくって参拝をする姿を見たことがありません。神社を参拝していた人たちはアジア系の外国人観光客のように大声で話をすることなく、静かに自分の順番が来るのを待っていました。この姿を見た中坊進二は、外国人観光客で大混雑する清水寺の境内で本当の“日本”を感じました。"
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ninonino19830617.blog.fc2.com/tb.php/156-d0153da7

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。