プロフィール

中坊進二

Author:中坊進二
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


中坊進二の京都旅、”尾張のもみじでら”寂光院へ

"京都大原の里にある寂光院は、平家物語ゆかりの尼寺です。
中坊進二が家族と訪れたのは数年前になりますが、大原の里は本当にのどかなで、「日本昔ばなし」に出てくる狐や狸に出会えるのではないかと思えるような所でした。その風景に溶け込んでひっそりとたたずむこのお寺は、三千院と並ぶ紅葉の名所です。秋の紅葉だけでなく、春には平家物語にも出てくる「汀の桜」が有名です。
歴史ファンの中坊進二にはとても興味深く、又ロマンを感じさせるお寺なのです。
秋に訪れると山門の石段脇の紅葉に魅了されますが、中坊進二はこの大原の何とも言えない静けさが好きです。
京都でありながらまるで「不思議の国のアリス」が兎を追いかけて迷い込んだワンダーランドのように思えるのでした。
平清盛の娘である建礼門院が菩提を弔うために尼僧となり、終生を寂光院で過ごしたという悲しい物語が、余計に女性達を惹きつけるような気がします。
又聖徳太子創建のお寺であるということも、魅力の一つになっているのかもしれません。
女性が一人たたずむ情景は三千院にも寂光院にも似合います。
外国人に人気の観光地でもある京都には、有名な名所や神社仏閣がたくさんあります。
そして何故か女性に纏わる悲しくも美しい歴史があり、誰もが心奪われるのです。
外国人が日本の歴史や文化に触れた時、日本人が想像する以上に感動してくれるのは喜ぶべきことではないでしょうか。
京都は、日本人にとっても外国人にとっても癒される古き都なのです。"
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ninonino19830617.blog.fc2.com/tb.php/161-a7aac4ca

 | ホーム |