プロフィール

Author:中坊進二
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中坊進二と京都、宇治神社の特徴

"中坊進二が京都の寺社仏閣で訪れたのは宇治神社です。
宇治神社は、京都府宇治市にあり、隣接する宇治上神社とは、明治以前まで、若宮と奥宮として二社一対でした。また、近くを流れる宇治川を挟んだ対岸には、有名な平等院があります。

宇治上神社の本殿は1060年頃に建てられ、現存する最古の神社建築です。世界文化遺産に登録されていて、本殿は鎌倉時代初期の建設で、国の重要文化財に指定されている、歴史の古い神社です。

神社のシンボルのみかえり兎は、御祭神の菟道稚郎子尊を見返りながら、正しい道へ誘ったという故事に由来していて、人々を正しい道へと導く神様のお使いとして伝わっています。また、学問の神様としても崇められていて、受験生にもおすすめの神社です。
その、みかえり兎の像が鎮座した場所は、パワースポットとしても注目されています。

そして、中坊進二が次に訪れたのは、宇治上神社です。
宇治上神社の拝殿は、独特の美しい屋根が特徴で、鎌倉時代の寝殿造形式の住宅建築として国宝に指定されています。本殿は、鎌倉時代後期に建立されたものです。
他には、宇治七名水のひとつの桐原水があり、六名水が枯れてしまった現在、残っている唯一のものです。

宇治神社へは、京都からは電車で40分ほど、宇治線宇治駅より徒歩約5分、または、JR宇治駅より徒歩約13分です。平等院から宇治川の対岸、中の島から渡れる橋の近くにあるので、平等院へ行った際には、一緒に立ち寄ってみることを、中坊進二はおすすめします。
"
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ninonino19830617.blog.fc2.com/tb.php/165-2e1be73a

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。