プロフィール

中坊進二

Author:中坊進二
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都の岡崎神社で中坊進二が見てほしいポイント

"京都市の中心部から東に外れた丸太町通と白河通が交わるエリアに岡崎神社があります。中坊進二がこの神社を訪れたのは数年前に平安神宮を訪問した時で、平安神宮から丸太町通を東に歩けば数分でアクセスできます。
京都の岡崎神社で中坊進二が見て欲しいポイントは、境内のあちこちにあるウサギです。多くの神社の入口には両側に狛犬が置かれています。ところが、この神社の入口あるのは狛犬ならぬ狛兎なのです。境内の中を見てみると手水屋形には黒御影石でできたうさぎの彫像があり、本殿前には縁結びの招き狛兎が一対あります。絵馬も兎だらけです。岡崎神社に兎の石像が置かれている理由は、この神社では古くより兎が氏神様のお使いであると伝えられているからです。
手水舎にある黒い兎は「子授けうさぎ」と呼ばれ、水を掛けてお腹をさすって祈願すると子宝に恵まれて安産になると伝えられています。さらに、本殿前にある阿形吽形のうさぎの頭をなでると縁結び・夫婦和合の御利益があるとされています。中坊進二が神社を訪れた時には、若い女性が「子授けうさぎ」をさすって願い事をする姿を目にしました。
この神社は隣にある平安神宮と比べると小さな神社ですが境内にはかわいい兎がたくさんあります。京都にある仏教寺院の多くは男性的で力強いイメージがありますが、この神社の境内は可愛い女性的な雰囲気に包まれています。
ちなみに岡崎神社が創建されたのは延暦13年(794年)で、平安京遷都の年です。平安京遷都にあたり、王城鎮護のために平安京の四方に建てられた社のひとつで、非常に古い歴史のある神社なのです。
"
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ninonino19830617.blog.fc2.com/tb.php/168-033137f7

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。