プロフィール

Author:中坊進二
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中坊進二と京都、御霊神社の見どころ

"中坊進二がお参りした御霊神社は、上御霊神社とも呼ばれてる、御所北側にある厄除けの神社で、かつて京都御所の次に重要なところと言われていました。
平安遷都にあたり延暦13年(794)桓武天皇が平安京の守り神として早良親王(崇道天皇)の神霊をおまつりされたのが始まりです。当時天変地異や疫病の流行があいつぎ、御霊を丁重におまつりすることによって、災いをなくそうという御霊信仰が盛んになりました。そのお祭りを御霊会(ごりょうえ)といい、京都の夏祭りの多くは御霊会で、その発祥の神社です。
5月の御霊祭では、「社頭之儀」からはじまり「こどもみこし」が巡行され、「宵宮」では御霊太鼓があり、「渡御之儀」など、見応えがあり、ぜひご覧にななってみることを、中坊進二はおすすめします。
現在行われている御霊祭は、日本最古の御霊会とされています。

また、境内の「御霊の森」は応仁の乱の発端の地としても有名で、畠山政長と畠山義就のいとこ同士が戦ったことから始まり、その後、 東軍と西軍に二分されて戦乱が京都の町を焼き尽くすことになります。 この応仁の乱の西軍の陣地となったことから「西陣」という地名が残っています。

他には、5月を除く毎月18日に「さえずり市」が開かれます。手づくり品をはじめ、様々なお店が出ていて賑わっています。

神社へは、京都駅から地下鉄烏丸線に乗って鞍馬口駅で下車、徒歩約3分です。
お参りした後は、寺町通りを散策しながら、京都御所まで歩いてみることを中坊進二はおすすめします。



"
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ninonino19830617.blog.fc2.com/tb.php/173-9fd4acb8

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。