プロフィール

Author:中坊進二
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都を巡る、中坊進二が嵯峨釈迦堂で見てほしいポイント

"中坊進二が京都の嵯峨釈迦堂を訪れたのは、大学の友人との小旅行でした。
渡月橋を渡りお土産屋さんを見ながら暫く歩いていると、このお寺に突き当たります。
近くには、二尊院や大覚寺があって観光客で賑わっています。
嵯峨釈迦堂は、光源氏のモデルになったと言われる、源融(みなもととおる)の山荘だったそうです。
その山荘内に、唐から持ち帰った釈迦如来像を安置したのが始まりとされています。
光源氏は、多くの女性達と関わりを持ったプレイボーイですよね。
幼少の頃から輝くばかりの美貌と才能に恵まれた光源氏に、恋い焦がれた女性もいるのではないでしょうか。
物語とは言え想像の人物像が出来上がってしまい、とても魅力ある男性に思えてしまいます。
「三国伝来の釈迦像」と呼ばれる釈迦如来立像は、日本の仏像にはないエスニックなお顔立ちをしています。
京都のお寺には多くの仏像が所蔵されていますが、お顔を見ているといつも厳かな気持ちになります。
歴史が大好きな中坊進二には、京都は癒される場所であり何かを発見できる興味深いスポットです。
風景も楽しめるのが京都ですが、嵯峨釈迦堂も11月下旬頃から12月中旬の晩秋には紅葉が楽しめます。
勿論春に訪れても、静けさの中で桜を満喫することが出来ます。一休みするにはピッタリのお寺なのです。
境内にあるお茶屋の「大文字屋」では、甘党の中坊進二に嬉しい名物のお餅が頂けます。
あぶり餅というこのお餅を食べると、1年間無病息災のご利益があると言われています。
花も団子もあるお寺を、是非訪れてみて下さい。"
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ninonino19830617.blog.fc2.com/tb.php/174-07106666

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。